そもそも注文住宅とは?

予算に合わせ、自分の希望に合う家を建てる

自分の希望に合った土地を選び、そこに自分の希望に合った家を新しく建てることのできる注文住宅。住宅メーカーや工務店に依頼し、建ててもらうことになります。

注文住宅を選ぶメリットは、すでに建てたられた家を購入する分譲住宅と違って、間取りや使う素材にこだわった家にすることができるということでしょう。そのため、家に対する希望条件がはっきりしている人や、オンリーワンの家を建てたい人に最適です。

こだわりの住宅である注文住宅は、費用が高くて無理だと思っている人もいるかもしれません。確かに素材や造りが自由になるため、内容によっては高くなることもあります。しかし自由度が高いため、うまく工夫することにより予算内で希望の家を建てることもできるのです。

工務店や住宅メーカーに依頼して建てる

注文住宅を建てる工務店は、高級住宅に強い会社がある一方、手ごろな価格の住宅を得意としている会社もあります。合った工務店を選ぶことで、比較的、低予算で家を建てることは不可能ではありません。また、自由に設計できることが多いのも工務店の魅力。こだわりの素材を使った家や、個性的な間取りの家などの夢を形に出来るでしょう。

一方、大手の住宅メーカーに依頼する場合には、耐震性や断熱性などの高い、新しい技術をいち早く取り入れた注文住宅を建てられるメリットがあります。比較的、短い工期で品質の良い家を建てることが可能なのも、住宅メーカーの特徴です。それぞれメリットがあるので、建てたい希望に沿った会社を選びましょう。

建売住宅は、注文住宅に比べると予算を抑えやすいです。同じグレードの家なら、建売の方が安く購入できます。手間もかからず、事前に内装や間取り等を確認しやすいので、建築上の失敗も少ない傾向があります。

© Copyright Rental Listings Platform. All Rights Reserved.