建ててからでは遅い!

最初に考える家族の意見

注文住宅は住宅業者に正式に依頼して契約書を交わしてしまってからでは取り返しがつかないことになります。建てて下さいとお願いしてしまったらもう後には引けないと考えて十分に考えた上で注文住宅を建てる手続きを進めていくことが肝心です。最も重要になるのはそもそも住宅業者に相談する前に、最初に家族会議を開いてどのような家にするかを考えることでしょう。住む人全員が納得できる形で住宅を作り上げなければ注文住宅を選ぶ意味が薄れてしまいます。それぞれの意見を聞いて箇条書きにしてまとめておき、住宅業者と相談するときには必ずそのリストを持って考えるようにすることが大切です。それが全員が納得できる家を設計することにつながります。

契約前には最終確認が肝心

家族の意見をまとめた箇条書きのリストは最後まで肌身離さず持っていて、契約する段階でもう一度確認することが大切です。住宅業者と相談しているといつの間にか住宅業者側の意向を優先してしまうことはよくあります。その結果として最初はしっかりと主張していた家族の望みがいつの間にか実現されない住宅設計になってしまっている場合も少なくありません。設計図や仕様書を一通り読みながら、リストに記載されている内容が全て反映されているかを確認することが契約前に必須です。そして、もし満たされていない部分があるなら再度検討が必要だと切り出して、改善を求めると後悔しません。契約書にサインをしたら最後と考えて慎重に確認するようにしましょう。

一戸建ては、集合住宅と比べて防音性に優れているため、プライバシーを確保しながら暮らしたい場合には最適です。

© Copyright Rental Listings Platform. All Rights Reserved.